久保研究室

ポスト「京」萌芽的課題「基礎科学の挑戦」

東北大学久保研究室(マルチフィジックス・マルチスケールシミュレーション)では研究室見学、相談を随時受け付けています。

大学院入学希望の方へ

   久保研究室では、燃料電池、太陽電池、トライボロジー、エレクトロニクス、マイクロマシン、電気自動車、航空・宇宙機器、半導体、磁性体、レーザー発光素子、熱電変換素子、リチウムイオン二次電池、精密加工、化学機械研磨、クリーンエネルギー、発電プラント、水素ステーションなどの多様な研究分野において、最先端シミュレーション技術を活用した理論に基づく高度システム設計・材料設計に興味を持つ大学院生を強く求めています。特に、東北大学マテリアル・開発系の学生のみならず、他学科、他学部、他大学からの志望者を広く受け入れています。また、材料分野のみならず、化学、機械、物理など様々な分野の学部卒業生も受け入れています。
   久保研究室への大学院入学に少しでも興味を持つ学生の方は、研究室見学や相談を随時受け付けていますので、他学科、他学部、他大学の方でも気軽に下記まで連絡して下さい。

教授  久保百司
〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
東北大学 金属材料研究所 計算材料学研究部門
久保研究室
TEL: 022-215-2050 FAX: 022-215-2051
大学院進学希望の見学希望・相談用E-mail: mail

久保研究室で研究・学習するメリット
  • 久保研究室では、燃料電池、太陽電池、トライボロジー、エレクトロニクス、マイクロマシン、電気自動車、航空・宇宙機器、半導体、磁性体、レーザー発光素子、熱電変換素子、リチウムイオン二次電池、精密加工、化学機械研磨、クリーンエネルギー、発電プラント、水素ステーションなど多様なシステム・材料の研究を行っているため、自然に多種多様な研究分野の素養を身につけることができます。
  • 久保研究室では、電子・原子レベルからメートルスケールまでの多様なシミュレーション技術を活用しているため、電子・原子レベルからメートルスケールまでの幅広い視点から研究を行い、物事を理解する素養を身につけることができます。
  • 久保研究室では、世界最先端のシミュレーション技術、計算科学技術を活用した研究を行っているため、世界トップレベルの研究者と議論、交流を行うことができ、また世界トップの技術レベルを考えながら、研究を行い、物事を考える素養を身につけることができます。
大学院入試情報

   東北大学大学院工学研究科の大学院入試情報に関しては、下記のホームページを参照して下さい。また、久保研究室の大学院生は、知能デバイス材料学専攻の所属となりますので、下記のホームページの中では、知能デバイス材料学専攻の項目を参照して下さい。

大学院の入試情報 Web Site:http://www.eng.tohoku.ac.jp/admission/

久保研究室の研究内容

マルチフィジックス計算科学・マルチスケース計算科学シミュレーション

   世界的に早急な対策が求められているエネルギー・環境問題の解決、さらには安全・安心社会の実現のためには、燃料電池、太陽電池、トライボロジー、エレクトロニクス、マイクロマシン、電気自動車、航空・宇宙機器、半導体、磁性体、レーザー発光素子、熱電変換素子、リチウムイオン二次電池、精密加工、化学機械研磨、クリーンエネルギー、発電プラント、水素ステーションなどの多様な研究分野において、先進的な超精密・超小型化システムの開発、革新的な高機能・高性能材料の開発が強く求められています。
   特に、超精密化、超小型化が急速に進む近年のシステム技術・材料技術は、「摩擦、衝撃、応力、流体、光、電子、熱、電場、磁場、化学反応」などが複雑に絡みあったマルチフィジックス現象であり、さらに電子・原子レベルでの構造、流れ、反応が、μメートル・センチメートルスケールの実際の機能・特性に大きな影響を与えます。そのため、従来の機械工学分野で活用されてきた連続体力学シミュレーションでは全く対応できていません。
   そこで久保研究室では、次世代の革新的なシステム技術・材料技術を創造するために、世界に先駆けてマルチフィジックス計算科学シミュレーション技術、マルチスケール計算科学シミュレーション技術の開発を推進しています。さらに、新規シミュレーション技術を下記に示す多様な研究課題へ応用することにより、理論に基づく高度システム設計・材料設計の実現を目指しています。

  • 航空・宇宙機器・自動車用トライボロジーシミュレーション
  • 燃料電池シミュレーション、水素製造・貯蔵シミュレーション
  • マイクロマシン・MEMSシミュレーション
  • 太陽電池、自動車用二次電池シミュレーション
  • シリコン・ダイヤモンド半導体デバイスシミュレーション
  • プラズマディスプレイ・フレキシブルディスプレイシミュレーション
  • 酸化物エレクトロニクス、発光・レーザー素子シミュレーション
  • 超精密ナノ加工・機械加工・材料合成プロセスシミュレーション
  • 発電プラントにおける応力腐食割れ・水素脆化割れシミュレーション
  • 光触媒・環境触媒シミュレーション

   さらに、これら研究成果をエネルギー問題・環境問題の解決、安全・安心社会の実現、さらには日本発の産業創出のために広く展開しています。